美容業界で注目されるターンオーバーとは

美を求める美容業界は、その需要の高まりに合わせて肌に関する研究が進み新しい技術が開発されています。そんな美容業界の新しい技術として、新しく始まったのがプラセンタ点滴という方法です。

プラセンタ点滴は、体にとって大事な必須ビタミンを加えた栄養剤の中に植物や動物の胎盤から採取されるプランセンタを添加し血管から直接送る方法です。

そのプラセンタ点滴をすることで色々な効果を発揮しますが、特に注目されているのがターンオーバーです。ターンオーバーとは、肌が本来持つ再生力を意味する言葉になります。肌は常に塵や雑菌から身を守るために、古い角質を排除して開いた部分に新しい角質を作り出して埋めるという作業を常に繰り返しているのです。

ターンオーバーの仕組み

このターンオーバーが継続して行われることで肌は健康でいられるのですが、しかし40代を超えると正常に行われなくなります。

その理由として紫外線や生活スタイルの負担もあるのですが、最大の原因は食べ物から得られる消化吸収力が落ちることで細胞の元気が落ちるからです。

食べ物から摂取した栄養が細胞に行き届かなくなると、細胞が栄養失調になり活動が抑えられます。それによって本来壊した後に新しい細胞で埋める作業が止まってしまい、結果肌の老化現象を進めることになるのです。

プラセンタ点滴で小じわの改善に役立つ

プラセンタ点滴を定期的にすることによって、年齢による栄養の摂取力が落ちた状態を栄養を運ぶ血管を通して人工的に回復させます。血管を通して栄養が運ばれた細胞は、元の元気な状態に回復することで古い細胞を壊し新しい細胞で埋めるターンオーバーを回復させます。

回復が始まると、真っ先に現れるのが顔の小じわといった肌トラブルを改善です。小じわは顔の筋肉が動くときに、皮膚も一緒に伸縮をします。

正常であれば伸縮を起こしても、皮膚の弾力によって元も戻ります。しかし皮膚の状態が悪いと、伸縮をした後に元に戻らないので凹凸が出来てしまいます。

肌状態が悪くなる

皮膚は常に塵や紫外線といった刺激から身を守っているので大切なのですが、第2の心臓と言われるほど体の状態が表れやすい場所と言われているのです。肌トラブルになっている場合には、体内部の状態が悪いことで正常な角質が生まれていないことが分かります。

正常な角質を作るためには、やはり角質を作る細胞の外部から保湿と栄養を与えるだけでなく内部にも十分な栄養を送る必要があるのです。そこで必須ビタミンの入ったプラセンタ点滴をすることで、血管から皮膚に大事な栄養を送れるので生活スタイルの改善を進めながら補助としてプラセンタ点滴を行うことで改善が見込めます。

プラセンタ点滴の歴史

プラセンタは女性にとって肌の美白に役立つ成分です。

哺乳動物の胎盤を指しており、胎児にとっては生命をつなぐ大切な役割のある物質です。
哺乳動物の胎盤から抽出されたエキスはプラセンタエキスと呼び、そのエキスが含まれているものを利用したものがプラセンタ点滴と呼びますが、プラセンタ点滴は主に人間の胎盤を使用しており、化粧品や健康食品、内服薬に使用するのは豚の胎盤となっています。

薬に配合

プラセンタの歴史は楊貴妃やマリーアントワネットが美容目的で使用していた、または秦の始皇帝が不老不死を求めて使用していたと言われていますが、どの説も真偽は定かではなく、文献で確認できるのは1596年の明治の薬学書になります。

美容目的以外では旧ソ連の眼科医が埋没療法に使用し、疾病の治癒にプラセンタを利用すると高い効果が発揮できたと提唱しました。
プラセンタ点滴としては1956年に承認を得ています。

2019年では日本で許可されているプラセンタ点滴は2種類があり、どちらも人の胎盤から製造され、さらに感染症がないと判断されているものを使用している安全性の高いものです。

更年期障害や乳汁分泌障害のほか、慢性肝疾患における肝機能の改善に使用されています。

プラセンタ点滴はクレオパトラも注目していた

プラセンタエキスは美女と称されるクレオパトラやマリーアントワネットなどが使用していたとされており、歴史が大変古いものです。
美容目的で使用しており、美の秘薬とも言われています。

医薬品として応用しており、紀元前400年前の記録もあります。

その後中国では美容目的というよりも、健康促進や不老不死の漢方で使用されていました。
日本でも古代の住居跡から見つかっており、古くから注目されていた成分の一つです。

プラセンタには各種ビタミンやミネラル、酵素や10数種のアミノ酸、ムコ多糖類など栄養に優れていることが確認されています。
プラセンタは胎盤を意味しているためそのままの状態で使用することは難しく、エキス状にして様々な分野で活用されます。

エキスとして活用

近代研究においては旧ソ連が代謝促進と組織の再生に注目しており、日本では京都大学の教授が1943年に栄養剤として開発をしています。
日本においては1990年に化粧品や育毛剤に人のプラセンタエキスが使われていましたが、2003年の法改正によって人の組織由来の製品を使った場合には記録保管の必要があるようになり、医薬品以外では豚などのプラセンタを使用するようになっています。