高濃度ビタミンC点滴療法の副作用

高濃度ビタミンCを点滴療法で注入することによって優れた美容効果を発揮させることができます。

メラニンの抑制やコラーゲンの生成促進、活性酸素の除去によるアンチエイジングなど、
経口摂取以上に有効な働きを示し、体の中から美しさを生み出すことが可能です。
効果発揮

では美容効果の一方で副作用のリスクはないのかというと、基本的には重大なリスクになり得るといったことはありません。

点滴療法で用いる高濃度ビタミンCは水溶性ですので、尿中排泄が速やかに行われます。蓄積することで過敏症が起こることもなく、美容効果だけを発揮して人体への負担になることなく作用します。

ただし、稀に発生する可能性がある副作用の存在や、点滴療法を受けられない人の特徴もありますので、注意も必要です。

可能性は低いものの、発症した報告がある症状に腎結石が挙げられます。特に腎臓の機能に問題を抱えている場合は負担が掛かってしまうリスクがあるため、元々異常を抱えている人は注意しなければいけません。

しかし施術の際には採血で腎機能のチェックも行いますので、医師から適合の有無を判断してもらうことが可能です。

医師の判断

重度の腎不全や透析患者の場合は施術を受けられないことがあります。

これらの症状を持っている人は水分制限が必要なために点滴療法には適合しません。
高度の心不全並びに不整脈がある場合も同じく施術を受けられません。高濃度ビタミンCと一緒に水分も注入することで負担が掛かる恐れがあるからです。

したがって持病がある人は申告を欠かさず相談の上で判断する必要があります。
その他にも発生し得る副作用としては血管痛が挙げられます。

ただこれは高濃度ビタミンCの点滴療法に限定したものではなく、静脈に針を刺す以上、他の点滴でも発生し得るものです。腕の角度や点滴速度などを調整することで消失する程度のものでもあります。したがって、実質副作用と呼べるものはなく安全に受けられる施術と言えるでしょう。

高濃度ビタミンC点滴療法でインターフェロンを促進

高濃度ビタミンC点滴療法は免疫系を強化し、ウィルスに対する抵抗力を高める効果があります。この治療法はビタミンCを高濃度で直接血液中に投与することで、体内の免疫システムを刺激し、インターフェロンの生成を促進します。

ウィルスに対する抵抗力を高める

感染に対する重要な役割を果たす免疫シグナルタンパク質であり、増殖を抑制する効果があります。高濃度ビタミンC点滴療法でビタミンCの濃度が一時的に高まることで、免疫細胞の活性化が促され産生が増加します。

この治療法で抵抗力が高まります。ビタミンCは抗酸化作用を持ち、細胞を守る役割を果たします。免疫細胞の活性化によって攻撃力も向上します。その結果増殖を抑制し感染症の症状を軽減する効果が期待されます。ただし高濃度ビタミンC点滴療法の効果には個人差があります。

この治療法がすべての感染症に有効であるわけではありません。適切な治療法は患者の具体的な状態やウィルスの種類によって異なる場合があります。総括すると高濃度ビタミンC点滴療法は、免疫システムを強化し、抵抗力を高める効果が期待されます。医師の指導のもとで適切に行われるべきであり、個人の状態に合わせた治療法が選択されるべきです。

様々な健康化が期待できる

高濃度ビタミンC点滴療法は癌予防や悪性腫瘍への効果が期待されている治療法です。ビタミンCは、抗酸化作用や免疫機能の向上など、さまざまな健康効果が知られています。この療法では通常の摂取量をはるかに超えるビタミンCを点滴によって投与することで、体内へのビタミンC濃度を高めることができます。

癌予防において高濃度ビタミンCは有望な治療法と考えられています。ビタミンCは強力な抗酸化物質であり、細胞への酸化ストレスを軽減することで、がん細胞の発生を抑制する可能性があります。ビタミンCは免疫システムを活性化させる働きもあり、がん細胞に対する免疫応答を強化することが期待されています。

専門医の指導

悪性腫瘍への効果も高濃度ビタミンC点滴療法で期待されます。研究では、ビタミンCが悪性腫瘍細胞に直接作用し、がん細胞の増殖を阻害することが示されています。ビタミンCは抗腫瘍作用を持つ他の治療法とも相乗効果を示すことが報告されており、組み合わせ療法としても有望視されます。

ただし過剰なビタミンC摂取による副作用や相互作用のリスクも考慮する必要があります。この治療法を受ける際には、専門医の指導のもとで慎重に判断されるべきです。

米国発の魅力的な自然医療

日本では以前から、西洋式の医療技術を用いるのが病院治療の基本でした。化学物質となるお薬を服用するほか、手術による外科的な処置が基本で、自然由来の回復を促す処置はさほど重要ではないと考えられていたものです。その点、先進国のアメリカでは科学と自然を上手く使いこなす文化があり、先住民族が大切にしてきた米国の自然医療も取り入れる病院が多いのがポイントです。

マイヤーズカクテル点滴

そのうちのひとつとなるのが「マイヤーズカクテル点滴」で、今では日本でも導入をされました。簡単にマイヤーズカクテル点滴について概要を述べると、線維筋痛症という先天性慢性疾患を治療するのに高い効果を発揮するものです。マイヤーズカクテル点滴はいわば、天然の恵みを100パーセント取り入れている植物の原液を、
点滴にしてわれわれ人間が取り込むものです。

米国の自然医療ではとくに高い人気を誇っており、ニューヨークとサンフランシスコでは、大学施設に専用の外来を設けて対応にあたっているほど、幼いお子さんから持病を抱える高齢者でも、
なんら副作用を併発することもない安全な医療となりました。国内でも同様で、おもに整形外科・
神経内科で実施をされているものです。

マイヤーズカクテルの魅力と対応疾病

1990年後半から、日本の厚労省でもマイヤーズカクテル点滴を認証されるようになりました。
当初は先進医療に組み込まれていたものの、現在では公的保険が適用となっているので3割負担のみで処置を受けることが可能です。

簡単にマイヤーズカクテル点滴の概要を述べると、先天性慢性疾患である難病に線維筋痛症を治療することができます。この疾病は太ももから背中・腕などの筋肉が炎症を起こし、身動きをすると激痛を覚える病気です。遺伝性とも考えられており、罹患した際はALSと同様に難病指定・障害者保険の給付を受けられるものとなります。

以前は治療をするのが困難で、痛み止めの処方程度しか打つ手がありませんでしたが、1970年にアメリカで実施をされたマイヤーズカクテルの点滴で、改善が見込まれることが学会の発表で明らかとなったわけです。マイヤーズカクテルとは、天然のハーブのエキスを配合した薬草です。

天然のハーブのエキスを配合

古くはネバダ州で暮らしていたラテンアメリカの先住民族の民間療法でしたが、繊維筋痛症を治療するための切り札となりました。国内ではまだ大学病院など一次指定医療施設でしか実施をしていませんが、今後は施設も増える予定です。

必要な栄養素を積極的に体内へ

ビタミン注射は若い人だけではなく、疲れている中高年におすすめできる栄養補給方法です。
年齢が上がると必要な栄養を経口摂取するだけでは足らないことも増えてきます。そのため、ビタミン注射を利用して直接血管内に注入することで、ダイレクトに成分を体内に送り込むため、健康や美容効果を高く期待できるのが特徴です。

ダイレクトに成分を体内に送り込む

サプリメントの中には毎日摂取していても体外へ排出されてしまうため、体内で栄養に変わらないこともあります。特に同時に取る物質と一緒にくっついて排出されるリスクの高い成分もあるため、飲むタイミングや一緒に取る成分に注意をしなければなりません。

しかし、ビタミン注射ならサプリメントだけでは足らない成分を補うことができます。単なるビタミンCだけを注射するだけではなく、
それぞれの成分をブレンドして注入することで、体内に良い成分を多数直接届けられるのが魅力です。もちろん栄養素単体で注入することも可能となっています。

自分自身の身体的な状況や希望している栄養素などを医療機関で医師に伝え、カウンセリングをすることで納得できる栄養素を注射で取り入れられますので、まずは
オンラインでも構わないので相談してみてください。

プラセンタを利用してさらにきれいで健康に

プラセンタとは胎盤から抽出したエキスで、注射や点滴で利用するとアンチエイジングや疲労効果が期待できるといわれています。また、冷え性や肩こりなどで悩んでいる人にも最適な治療が可能という意見もあるため、長年冷え性などで悩んでいる人は一度医療機関へ相談してみることが大切です。

プラセンタは注射を使って直接体内に送り込むことで、ダイレクトに効果を発揮できるといわれています。サプリメントなどでも販売されていますが、サプリメントなどの場合、医療機関のように人の胎盤から抽出したエキスを使用していません。

動物や植物・魚類などの胎盤から摂取したものを利用しています。人の胎盤から抽出したものを利用する医療機関の治療よりも、効果が出にくいのも特徴の一つです。プラセンタは定期的に摂取することで体内への影響を実感できるといわれていますが、体内の調子を整えるためにビタミン注射と併用している人も増えています。

健康を維持する

ビタミン注射は元気で快適に過ごせる可能性が高いといわれ、健康面で影響を期待できるアイテムです。ビタミン注射で体内の調子を整えながらプラセンタを定期的に利用することで、効果をより正確に体内で実感できるのではないかという意見もあります。

どのクリニックで受けるかが重要

ビタミン点滴はどこで受けても同じではありません。
クリニックによって技術に明確な差がありますから、
どこを選ぶかが重要になります。

おすすめのクリニックは高濃度ビタミン点滴療法認定医が在籍するdrsato02.comです。

これほど点滴療法が着目される理由は、素早く実感できるからです。
有効成分を直接体内に注入するので、素早く変化を感じられます。

体内からアンチエイジングができる方法で、美容や抗酸化力のアップ、
疲労回復などを期待できます。

サプリメントや化粧品でビタミンを補給する場合は、
医療行為には属しません。

気軽にケアができる反面、実感するのに時間がかかります。
風邪をひいたときに点滴を勧めてくる医師がいますが、
これは素早く実感できるからです。

風邪薬には錠剤や液剤などもありますが、多くは経口から摂取します。

ビタミン点滴では直接血液に注入するので、実感度が圧倒的に高くなっています。

体調を回復させる点滴

drsato02.comのビタミン点滴は用量によって価格帯が異なるシステムです。
体調や目的に応じて使い分けできるのがメリットです。

年齢を重ねるほど細胞の老化が気になり始めるので、
細胞をリフレッシュさせる意味でも点滴を活用してください。

安心して任せられるクリニックで点滴療法を

ビタミン点滴は医療行為のため、安心して任せられるクリニックを選択して受けたいです。

医療機関ならばどこも同じと思うかもしれませんが、
蓄積している経験や実績は大きく異なります。

注射を例にしても、上手な看護師もいれば、
そうでない看護師もいるでしょう。

健康のために注射を打つ

ビタミン点滴の効果を最大限に引き出すためには、
体調や目的を見極めたうえで処置をする必要性があります。

例えば健康維持が目的であれば少量でも問題ありませんが、
美白や免疫向上などを期待するのであれば、用量を増やしていく必要があります。

ビタミン点滴は疲労の解消にも最適で、疲れやすい人から高評価されています。

慢性疲労は簡単には抜けるものではなく、これは生活習慣を
簡単には変えられないのが理由です。

例えば休日を返上して仕事に励んでいる状況では、
疲労を癒すための時間が不足するでしょう。

解消させる疲労よりも、蓄積していく疲労のほうが大きい状態です。

このように身体が悪循環の状態にあるならば、
点滴療法で疲労を大きく解消させる方法が得策でしょう。

疲労は何もしなければ着実に増えていくため、
どこかでリセットする必要があります。

安心できるクリニックを見つけて、定期的にビタミン点滴を活用してください。

美容業界で注目されるターンオーバーとは

美を求める美容業界は、その需要の高まりに合わせて肌に関する研究が進み新しい技術が開発されています。そんな美容業界の新しい技術として、新しく始まったのがプラセンタ点滴という方法です。

プラセンタ点滴は、体にとって大事な必須ビタミンを加えた栄養剤の中に植物や動物の胎盤から採取されるプランセンタを添加し血管から直接送る方法です。

そのプラセンタ点滴をすることで色々な効果を発揮しますが、特に注目されているのがターンオーバーです。ターンオーバーとは、肌が本来持つ再生力を意味する言葉になります。肌は常に塵や雑菌から身を守るために、古い角質を排除して開いた部分に新しい角質を作り出して埋めるという作業を常に繰り返しているのです。

ターンオーバーの仕組み

このターンオーバーが継続して行われることで肌は健康でいられるのですが、しかし40代を超えると正常に行われなくなります。

その理由として紫外線や生活スタイルの負担もあるのですが、最大の原因は食べ物から得られる消化吸収力が落ちることで細胞の元気が落ちるからです。

食べ物から摂取した栄養が細胞に行き届かなくなると、細胞が栄養失調になり活動が抑えられます。それによって本来壊した後に新しい細胞で埋める作業が止まってしまい、結果肌の老化現象を進めることになるのです。

プラセンタ点滴で小じわの改善に役立つ

プラセンタ点滴を定期的にすることによって、年齢による栄養の摂取力が落ちた状態を栄養を運ぶ血管を通して人工的に回復させます。血管を通して栄養が運ばれた細胞は、元の元気な状態に回復することで古い細胞を壊し新しい細胞で埋めるターンオーバーを回復させます。

回復が始まると、真っ先に現れるのが顔の小じわといった肌トラブルを改善です。小じわは顔の筋肉が動くときに、皮膚も一緒に伸縮をします。

正常であれば伸縮を起こしても、皮膚の弾力によって元も戻ります。しかし皮膚の状態が悪いと、伸縮をした後に元に戻らないので凹凸が出来てしまいます。

肌状態が悪くなる

皮膚は常に塵や紫外線といった刺激から身を守っているので大切なのですが、第2の心臓と言われるほど体の状態が表れやすい場所と言われているのです。肌トラブルになっている場合には、体内部の状態が悪いことで正常な角質が生まれていないことが分かります。

正常な角質を作るためには、やはり角質を作る細胞の外部から保湿と栄養を与えるだけでなく内部にも十分な栄養を送る必要があるのです。そこで必須ビタミンの入ったプラセンタ点滴をすることで、血管から皮膚に大事な栄養を送れるので生活スタイルの改善を進めながら補助としてプラセンタ点滴を行うことで改善が見込めます。

プラセンタ点滴の歴史

プラセンタは女性にとって肌の美白に役立つ成分です。

哺乳動物の胎盤を指しており、胎児にとっては生命をつなぐ大切な役割のある物質です。
哺乳動物の胎盤から抽出されたエキスはプラセンタエキスと呼び、そのエキスが含まれているものを利用したものがプラセンタ点滴と呼びますが、プラセンタ点滴は主に人間の胎盤を使用しており、化粧品や健康食品、内服薬に使用するのは豚の胎盤となっています。

薬に配合

プラセンタの歴史は楊貴妃やマリーアントワネットが美容目的で使用していた、または秦の始皇帝が不老不死を求めて使用していたと言われていますが、どの説も真偽は定かではなく、文献で確認できるのは1596年の明治の薬学書になります。

美容目的以外では旧ソ連の眼科医が埋没療法に使用し、疾病の治癒にプラセンタを利用すると高い効果が発揮できたと提唱しました。
プラセンタ点滴としては1956年に承認を得ています。

2019年では日本で許可されているプラセンタ点滴は2種類があり、どちらも人の胎盤から製造され、さらに感染症がないと判断されているものを使用している安全性の高いものです。

更年期障害や乳汁分泌障害のほか、慢性肝疾患における肝機能の改善に使用されています。

プラセンタ点滴はクレオパトラも注目していた

プラセンタエキスは美女と称されるクレオパトラやマリーアントワネットなどが使用していたとされており、歴史が大変古いものです。
美容目的で使用しており、美の秘薬とも言われています。

医薬品として応用しており、紀元前400年前の記録もあります。

その後中国では美容目的というよりも、健康促進や不老不死の漢方で使用されていました。
日本でも古代の住居跡から見つかっており、古くから注目されていた成分の一つです。

プラセンタには各種ビタミンやミネラル、酵素や10数種のアミノ酸、ムコ多糖類など栄養に優れていることが確認されています。
プラセンタは胎盤を意味しているためそのままの状態で使用することは難しく、エキス状にして様々な分野で活用されます。

ビタミン注射やエキスとして活用

近代研究においては旧ソ連が代謝促進と組織の再生に注目しており、日本では京都大学の教授が1943年に栄養剤として開発をしています。
日本においては1990年に化粧品や育毛剤に人のプラセンタエキスが使われていましたが、2003年の法改正によって人の組織由来の製品を使った場合には記録保管の必要があるようになり、医薬品以外では豚などのプラセンタを使用するようになっています。

お肌のトラブルに高い効果を発揮するプラセンタ療法

若い頃は日焼けをして、健康的な肌になろうと思われていた女性は多いことでしょう。しかし、若い頃はシミやソバカスといった肌トラブルとは無縁であっても、年齢を重ねるごとに過去のツケとしてシミ・ソバカスがあらわれて来るものです。

そんな肌トラブルにとても効果を発揮する治療が「プラセンタ療法」で、ソララクリニックが実施しています。

プラセンタ療法の特色として注目したいのが、どんなお肌にも適合できることです。
肌は大きく分けて乾燥・脂質・混合肌という3パターンあり、それぞれに見合ったお手入れを必要とします。

肌の種類

ところがプラセンタ療法の場合はこれら3種類すべてに効果を発揮するので、効率良くアンチエイジング治療ができるという訳です。

主な効果は美白・保湿、血行促進と細胞増殖再生作用による真皮と皮下組織成分になるコラーゲンの増生となっており、アンチエイジングだけでなく若い女性の美容対策と肌質を改善するのにも用いることが可能です。

ソララクリニックは仙台でおすすめの美容クリニック

ソララクリニックは2002年に仙台市で開院した美容クリニックで、最新の再生医療を提供しているのが特徴です。
幅広い年代の女性に自信を持って人生を送って欲しいというクリニックの指針のもと、さまざまな美容医療を実施されています。

その中で国内でも数少ない施設でしか実施していない「プラセンタ療法」をいち早く取り入れたところで、仙台だけでなく遠くは関西方面からもこの治療を受けるために患者が通っているほどです。

このクリニックでは、初診時に実施する治療のメリットとデメリットを説明されていて、施術する患者本人が十分に納得したうえでの施術となります。

点滴の実施

仙台には数多くの美容クリニックがありますが、患者の立場に立って必要である美容医療の提案と、最新治療を実施しているのはここ以外にはないでしょう。
美容医療を受けるのが初めてという方でも、ここなら安心安全な治療を提供してくれるので、おすすめできるところです。

ビタミンを直接的に注入する健康法

身体の中から美容を引き出すためには、ビタミン注射をするのが効果的です。

中でもビタミンCの注射は根強い人気があり、抗酸化成分を直接体内に取り込むことができます。

サプリや薬剤として経口摂取するよりも格段に吸収性が高いのです。
細胞を元気にしつつコラーゲン生成を活発にしますので、ハリのある肌を実現できるでしょう。

さらに抗酸化力を向上させることで、ダメージに負けない肌に変えていきます。
免疫力の向上にも役立ちますので、最近肌免疫が低下してきたと感じる人も活用してください。

ビタミン注射は若返り施術の代表格であり、うるおいのある肌に変えたい人におすすめです。
肌を元気にすることはもちろん、健康増進のためにも役立ちます。

健康の促進

風邪のリスクを軽減したり、疲労回復力を高めたりするためにも役立つでしょう。
ビタミンCはストレスを感じることで大量に失われるので、サプリなどで
十分に補給できない分はビタミン注射で補給していきましょう。

オゾンの力で免疫力をアップ

仙台にあるソララクリニックはオゾン療法にも力を入れています。
これは血液クレンジングと言われる方法で、オゾンガスと血液を反応させるわけです。

アンチエイジングはもちろん、体質を変えるためにも役立ちます。
血液を元気にするということは、細胞を強くすることを意味します。

疲労回復をスムーズにするだけでなく、がん細胞を抑制するためにも役立つのです。
免疫力を向上させることができれば、活性酸素を速やかに除去できるようになります。

オゾン療法のメリットは非常に大きく、原因不明の症状に悩んでいる人にもおすすめです。

例えばアトピー性皮膚炎などは原因を明確に特定できないケースが少なくありません。

ただこうした症状には冷え性が大きく関係していることが多々あります。
冷えはさまざまな病気を誘発しますので、冷えない身体に整えておくことが大切になるわけです。

そのためにオゾン療法を活用して身体全体を温めていきましょう。

身体を温める

プラセンタ点滴の気になる成分は?

強力な抗酸化の作用がある、プラセンタ点滴というものを
聞いたことがあるでしょうか。
そのサプリメントやドリンクなら聞いたことがあるという人も多いでしょう。

その点滴も登場しました。
美容クリニックで行われている点滴になります。

プラセンタに関してなんですが、これは高級なものです。
プラセンタサプリメントやドリンクの原料については、植物性もありますが、
日本では動物性が人気です。

人気の点滴

プラセンタの意味としては英語で胎盤です。
胎盤はお腹の中の赤ちゃんが育つための組織です。

タンパク質を合成したり、ホルモンを分泌したりするものです。
有害な物を解毒する作用があったりもします。

プラセンタ点滴はこのような本当に優れたプラセンタによるものです。
サプリメントやドリンクと同じように抽出したエキスよるものです。

このエキスにはビタミン、ミネラル、アミノ酸など色々な成分が
豊富に含まれています。

いずれの成分も体にとって欠かせない、本当に大切なものです。

また神経細胞増殖因子や肝細胞増殖因子などの成長因子、そして
インターロイキンという免疫力がある物質なども含まれています。

なお免疫力とは自然治癒力のことです。
このプラセンタ点滴は血管の動脈内に直接するものですから、
すぐにその成分の効果を感じるでしょう。

効果を感じやすい

なお点滴に用いられている医薬品としてのプラセンタは
狂牛病との関連はないものです。
医薬品としてのものは人の胎盤が原料だからです。