ビタミン注射でコラーゲンの生成をサポート

年齢を重ねるとほうれい線などのシワや、フェイスライン・
頬などのたるみが気になります。

若々しさをキープする為、スキンケアやマッサージ、また
エステでのフェイシャルケアなどで、アンチエイジングケアを
行っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、このようなケアを行っても加齢によって、シワ・たるみに
悩まされるケースは少なくありません。

実はシワ・たるみは「ビタミン注射」で、改善する効果が
期待出来るのです。

痛みについて知りたいビタミン注射について

健康や美容のためにおすすめのビタミン注射
筋肉注射・点滴のいずれかの方法が取られるでしょう。
痛みが強いのは筋肉注射の方ですが、一瞬で終わるのに対し、点滴だと時間がかかります。

健康や美容に効果の高い成分・ビタミン。
しかしながら生の野菜や果物を毎日さまざまな種類を食べ続けるのは大変なことですし、かなりの量を食べないと必要量取ることはできません。
それよりもおすすめなのがビタミン注射です。
経口摂取するサプリメントとも違い、消化器官を通すことなく直接体内に入れるため効率よく全身にビタミンを行き渡らせることができるのです。
今や、美容クリニックだけでなく皮膚科や内科などさまざまな医療機関で受けることができます。
おすすめのビタミン注射ですが、注射と名が付く以上は痛みについても気になるところでしょう。
ビタミン注射をお願いすると筋肉注射か高濃度ビタミン点滴、いずれかの方法が取られると思います。
筋肉注射というのは肩やお尻にする注射です。
腕にする場合と違って普段は針を刺すことないところなので緊張するでしょうが、多少の痛みはあるもののすぐに治療を終えて帰宅することができるでしょう。

一方で、点滴を使ったビタミン注射の場合はビタミン剤を滴下させて投与するため時間はかかります。
ただ筋肉注射よりも痛みは少ないでしょう。

ビタミン注射は、持続効果期間が3日・4日くらいから最大でも1週間程度と言われているため1週間に1度か2週間に一度、長くても1ヶ月に1度くらいのペースで受けるのが良いとされています。
痛さの感じ方というのは人それぞれです。
そのため、筋肉注射と点滴、どちらも試してみて合うものを調べてみてもよいでしょう。
ビタミン注射は名前の通り、ビタミンを注射で
体内に注入す治療法です。

改善する
疲労回復や風邪予防など健康目的で治療を受けるという
イメージが、ビタミン注射にはありますが、施術を受ける事で、
美肌やアンチエイジング効果を得られます。

ビタミンCをビタミン注射で注入する事によって、肌のコラーゲンや
エラスチンといった物質の生成量がアップするのです。

シワ・たるみが起こるのは肌のハリ感、弾力感が
失われてしまうためです。

皮膚の下にある真皮層にはコラーゲンやエラスチンが、
網目状に張り巡らされており、この網目によって肌を支えています。期待できる

しかし、加齢で生成量が減少したり、紫外線などの
ダメージによって網目が変形してしまうと、皮膚のたるみに繋がり
結果、シワ・たるみを引き起こすのです。

ビタミンCはコラーゲン・エラスチンの生成を増やす効果があるので、
ビタミン注射で直接ビタミンCを補うと、肌にハリと弾力が戻ります。

この働きからビタミン注射がアンチエイジングケアに、
効果が期待出来るという事が分かるでしょう。