副作用はないの?

ビタミンCは健康に良い成分とされますが、食品・飲み物・サプリメント等から
摂取するより点滴でビタミンCを身体に直接取り入れ方が効果が倍増します。

食品・飲み物・サプリメント等から摂取に比べて点滴で行った方が、
ビタミンCの吸収率が10倍から50倍になります。

有効成分

この様に身体に良いビタミンCを高濃度にして点滴で身体に直接取り入れ、
健康維持・美の向上・病気罹患を防ぐことを高濃度ビタミンC点滴療法と言います。

高濃度ビタミンCは、人の健康・美・病気対策に有効で多くの人から支持されて
いて、サラリーマンや主婦の人から、テレビに出ている芸能人・著名人等まで
幅広く支持されています。

具体的に期待できる効果は、疲労感やストレスの改善(健康的メリット)、
ニキビ改善・美白効果・アンチエイジング効果(美的メリット)、
アレルギー症状の改善や感染症罹患の予防(病気的メリット)があります。

高濃度ビタミンC点滴療法の特徴として、安全性が高く副作用が少ないことです。

水溶性ビタミンなので過剰症等の心配も無く、重大な副作用はありません。
但し、腎結石を発症する場合が確認されており、その他、甲状腺疾患・糖尿病等を
罹患している人は症状が悪化することがあるので、注意が必要になります。

安全性

また、妊娠中の人はお腹の子に影響がある可能性があるので、医師に事前に
相談した上で判断した方が良いと言えます。

高濃度ビタミンC点滴療法はがん治療に有効だと言う意見もありますが、
医学的に見て有効かは現在の所証明はされていませんが、効果が無いと断定も
されてはいません。

点滴の場合は、ビタミンC以外の有効成分を入れることが可能となるので、
その人その人に合った点滴療法にすることができます。

点滴なので難しいことは無く必要な時間の目安は30分程度を見ておけば
大丈夫です。

費用に関しての目安は数千円から数万円と幅広く、2週間から1か月の頻度で
高濃度ビタミンC点滴療法を受けるのがコストパフォーマンスに優れていると言えます。